fourth artisan

ラクガキ、ガラクタ、トゲトゲ、パンパカパーン!

indifference

 

 

 

・・・道端に亀が落っこちてた。

 

 

 

 

 

 

どうしようか一瞬迷ったが、こいつにも何か目的があるからここで佇んでいるのだろうし、私だって気分はリンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽんまっしぐらだ。

 

 

 

 

 

 

お互い関わらないほうが良さそうだね?

 

 

こういうとき、人間とは自分勝手な解釈や行動を正当化するのが得意な生き物である。

 

まぁ、とりあえず頑張ろうや!と声をかけ、

これからについて励まし合ったつもり。