fourth artisan

ラクガキ、ガラクタ、トゲトゲ、パンパカパーン!

rules of ruler

 

物差したるもの正確な計測が出来てなんぼ。

 

否!

 

それは、断じて違う。

 

目盛りが示す値などは単なる距離に過ぎない。

 

そんな不確かなものを知ったところで、

互いの隔たりが埋まる訳ではなく、

いつどこで離れてしまうかも知れず。

 

だいたい・・・で、良い。

 

きっちり測ろうなんてするから、

いつだって話がややこしくなるのだ。

 

存在を確かめるだけで幸せになれるならば、

それ以上何を欲するというのか。

 

・・・人生は長い。

 

僅かな誤差にこだわるあまり、

この先の大局を見誤るなかれ。

 

 

my favorite ruler

spirit level

 

水平器

文字通り測りたい場所の水平状態を調べる器具。

四角柱が多い中で、この形状は比較的珍しい。

 

 

protractor

 

分度器

言わずと知れた、角度を計測する器具。

 

 

calliper

 

ノギス

精密な計測が可能な物差し。

ちなみに、このノギスは0.1mm単位まで計測可能。

 

 

folding ruler

 

折りたたみ式定規

1mの物差しが25cmにまで折り畳まれている。

ぶっちゃけ携帯性も実用性も巻尺の方が上。

 

 

stainless steel ruler

 

ステンレス製定規

センチとインチを両方計測できるのがポイント。

金属製だとカッターを使用する際も気を遣わない。

ちなみに錆びてないほうは現役バリバリの愛用品。

 

 

以上、私が提唱する物差しの定義をご紹介した次第。

皆様、大体ご理解頂けただろうか。

 

まぁ、だいたいで良いんです。だいたいで( ´艸`)

※諸説あります。ありません。