fourth artisan

ラクガキ、ガラクタ、トゲトゲ、パンパカパーン!

the world begins

 

これらは単なるゴミなのか、

はたまたすごいお宝なのか。

 

まじめに判断などしようともせず、

気が付けば瓦礫(がれき)の山となりました。

 

このままではいけない・・・

このままではいけない・・・

 

見るたび焦りも山のようにつのるけど、

結局いつまで経とうがこのままのまま。

 

 

 

 

とりあえずあっちへ追いやり、

邪魔となったらこっちに移し、

 

寄せあつめられて、

離れ離れにされて、

 

こんな日々が幾つも過ぎると、

まさかの壁が壁にそびえ立つ。

 

 

 

 

一瞬の閃き。

偶然の産物。

 

映し出された影をかたちに作り変えたとき、

山や壁はようやく生まれてきた意味を知る。

 

散らかった欠片が(いしずえ)となり、

ついに主役が世界へ躍り出た。